本の覚書と映画の感想、ほかその時に気になることを書いてます。写真も。携帯からのアップのみになってますが。。


by so_little_time
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

本屋で見掛けた中公文庫の創業120周年フェア。

見つけたのが三島由紀夫と丸谷才一の『文章読本』。

前に読んだ谷崎潤一郎の『文章讀本』が最初になるのかなぁ。

この本はかなり好きで。


その後に三島由紀夫。1973年初版。

丸谷才一のんが、1980年初版。

ときてるみたい。


じっくりと文豪による文章読本の読み比べを楽しみたい。
[PR]
by so_little_time | 2006-11-18 12:25 | 本の覚書
b0105258_11303027.jpg


『原稿用紙の知識と使い方』
松尾靖秋著
南雲堂


図書館本。



ライフログにも載ってないって事は、

絶版なんやとおもいます。



表紙のシェーファーの万年筆の写真に惹かれたってのもあるし。



最近、特に気になるものとして、

"原稿用紙"があります。



別に小説を書くわけでもないねんけど、

万年筆で文字を書くのが好きなもんで。

手紙も良さげな原稿用紙を便箋に使って。

書いたりして。

"丸善の原稿用箋(B5の200字詰)"がお気に入りで。




本の内容は、深いと言うか濃いぃと言うか。

白黒やけど、いろんな作家さんの直筆原稿の写真が

抜粋した写真も、文章に挟み込まれていて、

ええ感じがします。


こないだの谷崎潤一郎著の『文章読本』といい、

この感じの本が楽しい。


本のフォントの昔の文字のものも

なれてくると味があって、今時の本とは違う

なんとも言えへん深みがあるようにおもう。
[PR]
by so_little_time | 2006-07-14 09:28 | 本の覚書
原稿用紙10枚を書く力
斎藤 孝 / 大和書房
ISBN : 4479791000
スコア選択: ★★★★





再読。

3回目。


ほんまに文章を書く力を付けたいと思い続けてる。


仕事でもプライベートでも

今後、どうしても必要となってくるスキルやとおもう。


書く事で考えをまとめる。

自分の想いを相手(ビジネス先、友人等)に理解してもらう。


コミュニケーションの基本となる力不足を実感。


この本は、ちょっと繰返しの部分が多いようには感じるけど、

的確なアドバイスとして受取れるようにおもう。
[PR]
by so_little_time | 2006-07-03 20:49 | 本の覚書
文章読本
谷崎 潤一郎 / 中央公論社
スコア選択: ★★★★★






いい。

感銘を受ける。


やっぱり谷崎潤一郎さんの本やと思う。

いい日本語。


これ以降は、未だ読んでる途中なので、

また追って書きます。



……たぶん。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-06-29 12:12 | 本の覚書