本の覚書と映画の感想、ほかその時に気になることを書いてます。写真も。携帯からのアップのみになってますが。。


by so_little_time
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:小川洋子 ( 4 ) タグの人気記事

薬指の標本
小川 洋子 / 新潮社
ISBN : 4101215219
スコア選択: ★★★






やっぱり不思議な小説。

表紙からして、怪しい雰囲気。


この前に読んだ同じ作者の『まぶた』に、よう似てる。


表題作と、『六角形の小部屋』と2つのお話の入った本。

なんとなく、全然違う話が2つやのに、

おんなじ話のような、、、そんな感じ。


なくなっていくものと。残っててあるものと。

形あるものと。ないものと。。。





……書いてて、ようわからんようになって来たので。。。



じゃっ(^_^)/
[PR]
by so_little_time | 2006-05-05 19:28 | 本の覚書
秘密。―私と私のあいだの十二話
ダヴィンチ編集部 / メディアファクトリー
ISBN : 4840112347
スコア選択: ※※※※※




ええねぇ。

森絵都、伊坂幸太郎、小川洋子他、

作家12名の短編(ほんま10ページもないくらい)が

集まってる本。


それぞれの短編がA面・B面、表・裏、男・女、とか違う側面から

語られてる。


なんとも心地いい。



読後感を楽しんでから、

人によって、どの作家さんのが好みやった…って、

意見の分かれたところを話してみるのが

もっと楽しい。



なんどとなく、パラパラ開いて読んでしまう本。
[PR]
by so_little_time | 2006-04-30 01:00 | 本の覚書

『まぶた』 小川洋子著

まぶた
小川 洋子 / 新潮社
スコア選択: ★★★







『博士の愛した数式』『妊娠カレンダー』の作者の本。


短編の集まったホラーっぽい。

ベタなオチもあったりするけど、雰囲気を楽しんだ。

小川さんの本って、独特の空気があって。

合う合えへんはあるやろけど。。。


あっちゅう間に読めてしまう本。

『博士…』より、『妊娠…』の空気感が好きな人向けやと思う。
[PR]
by so_little_time | 2006-04-24 14:43 | 本の覚書

博士の愛した数式
小川 洋子 / 新潮社
ISBN : 4101215235
スコア選択: ※※※※





前から気になってた本を年末に買うてみた。


年明け1月から映画公開になるって聞いてたから、その前に。。。


博士:寺尾聰(字が難しくて変換できてるかどうかわからへん)
家政婦さん:深津絵里
あと子ども1人

って、登場人物らしいもんなぁ。


まわり本の反応は、かなりええみたいやし。


本読んでても、

もう頭の中で寺尾聰と深津絵里が会話してはるわ。


こんな感じで読む本もおもろいと思うねん。


----------


ええ本でしたわ。


ほのぼのした雰囲気が一貫してた(^_^)



最初の1ページ目から気に入ってん。


博士が私(家政婦さん)の息子の頭をくしゃくしゃって撫で回しながら、


「おお、なかなかこれは、賢い心が詰まっていそうだ」


この一言で、一気にええ本やなって思うてん。



賢い"心"って言葉がいいやん。



この本で著者の書きたい感じが、この一言でわかる気がしてん。




ちょっとなぞが謎がのまんまになってんのんが、

たぶん著者の計算どおりなんやろけど……

気になるもんは気になるねんなぁ。。。




ほんでもう一つ、
最後に、この本書きはるとき、取材された数学者の人が
解説を書いてはるんやけど、この解説がええねん。

ほんまに数学者か?ってくらいにええ言葉書いてはる。




読んでて数学が好きになったわ。

4Bの鉛筆とメモ帳持ち歩くようになったし。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-01-02 17:10 | 本の覚書