本の覚書と映画の感想、ほかその時に気になることを書いてます。写真も。携帯からのアップのみになってますが。。


by so_little_time
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:万年筆 ( 4 ) タグの人気記事

現役の万年筆たち

b0105258_21462749.jpg


覚書に近いです。


鞄の中、机の上にある万年筆たちを集めて。


もらったり、あげてしまったりする事もおおくて、

減ったり増えたりするので、

現状、使ってる万年筆を覚えておこうかと思って。

特に、使用インクはすぐに忘れてまうので。



左から、
・ペリカノジュニア……ペリカン ブルー(コンバータ)
・LAMY BLUESTAR(M)……LAMY ブルー(コンバータ)
・#3776ギャザード(太)……プラチナ ブルーブラック(カートリッジ)
・CUSTOM845(BB)……パイロット ブラック(コンバータ)
・デュオフォールド インターナショナル(M)……パーカー ブラック(コンバータ)
・パイロット エリート(EF)……Dr.ヤンセン ゲーテ(コンバータ)
・ペリカンM450(M)……ペリカン ブルーブラック
・ペリカンM1000(3B)……ペリカン ロイヤルブルー
[PR]
by so_little_time | 2006-09-30 21:47 | ステーショナリー


旅(出張)先、博多のホテルにて。


天神でインクを見つけて購入。



b0105258_9564772.jpg


ドクターヤンセンのインク。


ドイツに住んでるヤンセンって人
(たぶんおじいちゃん……脳内では、白髭の頑固じいさんで確定)

が、古い製法で手作りして作ってるらしくって。


ボトルのガラス瓶はイタリア製^^



インクの色には、全部、昔の有名人の名前がついてるねん。

見つけたのは、捜してたゲーテ。

Johan Wolfgang von Goethe.

黒色って言われてんけど、青味がかった黒に見える。

Webでみてると、モスグリーンとも書いてあるみたい。


太陽の下、明るいとこで見てへんから、

ほんまのとこはわからへんけど、

パッと見が、黒にみえる落ち着いた渋い色やねんけど、

なんか深みがあってええ感じ^^
[PR]
by so_little_time | 2006-07-27 20:05 | ステーショナリー

『万年筆の達人』

万年筆の達人
古山 浩一 / 〓@53B2@出版社
スコア選択: ★★★★★




すごい。



古山浩一さんの絵は好きで。

前に『鞄が欲しい』を読んでて。


万年筆の熱い(熱すぎる想い)が、

それぞれの関わってる方の話を通して

伝わってきます。



またやっぱり、絵が味があっていいですわ。


この本の中で実際にお会いしたことがあるのは、

フルハルターの森山さんだけやねんけど、

他の方々にも一度お会いしてみたいと強く思った。



え~と。

全てを読む前に、その熱さを伝えたくて、

人に貸してしもた。


また読みたくなってきた。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-05-12 12:06 | 本の覚書
クローズド・ノート
雫井 脩介 / 角川書店
ISBN : 4048736620
スコア選択:






普段は絶対に買わないハードカバー。

ほんまにビックリした。




今日、仕事の帰りに駅の本屋さんに寄った。



表紙の柔らかい感じの万年筆の絵が、目に付いて。

この万年筆って、何やろ?って、手に取った。



パラパラっと開いたところが、



万年筆の試し書きをしてるシーン!!



……こんなシーンのある小説があるんやっ!Σ( ̄ロ ̄lll)




もっとパラパラめくってみると。。。





"スーベレーンの400青縞"、"LAMY2000"、"アウロラのアスティル"を取り出す
"カレン"、"ジュール・ヴェルヌ"、"ビスコンティ"、"スティピュラ"、
"セレニテ"、"カランダッシュ"、"パーカー"……………

なんじゃこの本はっ!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 万年筆フェチか?




この本"万年筆"って文字、どんだけ使っとるん?Σ( ̄ロ ̄lll)





帯裏には、「キャッチコピー:コンテスト開催!」って。

賞品 デルタ ドルチェビータ・ミニ をプレゼントって!!!Σ( ̄ロ ̄lll)




もうたまらんって。。。




こんなん、もちろん"即買い"に決まってるやん(>_<)b
[PR]
by so_little_time | 2006-02-01 21:29 | 本の覚書