本の覚書と映画の感想、ほかその時に気になることを書いてます。写真も。携帯からのアップのみになってますが。。


by so_little_time
カレンダー

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ノート&ダイアリースタイルブック
/ エイ出版社
ISBN : 4777906345
スコア選択: ※※※



買うよなぁと思ってましたが、

やっぱりです。


万年筆好きが、だんだん紙モノも好きになるのは、

お決まりのコースな気がします。

手帳フェチですから。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-27 12:50 | ステーショナリー

『時生』 東野圭吾著

時生
東野 圭吾 / 講談社
ISBN : 4062751666
スコア選択: ※※※※



購入。

めっちゃ読み始め。

せやのに、ちょっと泣いてしもた。

本を手に取ったときから、話の内容がわかる気がするのに、

即泣き。


ちょっと、じっくり時間を掛けて読むつもり。


-------

読み終わり。


いいねぇ。

親子モノってのに、最近特に弱い。

親父と息子とかってのがたまらん。


泣くっちゅうねん。

そんな泣かせのお話としてではなくて、

なんかSFっぽいの?

全然、話はちゃうねんけど『四日間の奇跡』を思い出した。



東野圭吾さんの本で、一番好きなモノになりました。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-26 21:02 | 本の覚書
アルキメデスは手を汚さない
小峰 元 / 講談社
ISBN : 4062755033
スコア選択:



作家の読書道」ってページで、

東野圭吾さんの話を読んでて。

学生の頃に読んで、印象に残っている本として

紹介されていたもの。


恩田陸さんのインタビューにも、

この本の話をしてはる。


好きな作家さん二人がこの本の名前を挙げてるってことで、

どうにも気になって購入。



---


読了。


確かにええとおもいます。


でも、もう今の東野圭吾さんや恩田陸さんの本を読んでると、

やっぱり少し古い感じがしてしまう感はありますねぇ。


豊中やったり、あちこちがうちの近所の話やんって感じで

その辺の親近感は妙にありました。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-25 22:27 | 本の覚書

『宿命』 東野圭吾著

宿命
東野 圭吾 / 講談社
ISBN : 4061854445
スコア選択: ※※※※



読み終わり。


いい。


「最後の一行がいいけど、先には読まないで」って、

作者のコメントがあるって、ちょこちょこ聞いてたけど、

その通りかなぁ。


東野圭吾著の本では、一番好きかも知れへん。



(覚書)

レンガの病院。

小さな頃から因縁のある二人の男。

高校の時には同級生。

一人は、金銭的に恵まれずに警察官に。父親も警察官。

現在の事件と父親の追っていた事件との繋がり。

一人は、大会社の息子でありながら、脳医学の医者に。

父の社長が病気で亡くなるときに託された遺言。



実際の殺人事件のトリックと物語全体のトリックと。

両方が楽しめる本。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-24 23:37 | 本の覚書
「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法
ウエイン・W. ダイアー Wayne W. Dyer 渡部 昇一 / 三笠書房
ISBN : 4837956696
スコア選択:




「ウエイン・W. ダイアー著の訳・渡部昇一」

と来たら、どうしても読んでしまう。

なんかゴールデンコンビって気がするねんけど。


でも、まだ読んでる途中。。。


気分の問題なんか、どうも今回は乗れてない感じ。


今までやったら「よし!やるかっ」ってなってたのに。


微妙かなぁ。。。


----


読み終わり。


やっぱり、最初に感じた「微妙かなぁ」がとれず。

いまいちです。

この生き方は出来ません。


どうしても、日本人からみると「わがまま」「ヤカラ」に見えてしまう

生き方のように感じて。


そこが損してると言われても、

いろんな人間関係の中で生きてるねんし。


妙に気ぃ遣いぃなんも、自分で知った上で

多少納得してもうてるぶんなんで。


ちょっと羨ましい気もします。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-22 18:48 | 本の覚書

『手紙』 東野圭吾著

手紙
東野 圭吾 / 文藝春秋
ISBN : 4167110113
スコア選択:



読み始め。


文庫になるのを待ちに待ってた一冊。

「ええよぉ。」との話は聞いていたけれど、

どないやろ?


楽しみに読みますわ。


------

読み終わり。

やっぱり泣くね。

あの社長からの言葉が重くて泣くね。


無性に映画の『手紙』も観たくなるわなぁ。

主人公がお笑い芸人って設定らいいのが、

もっとも気になってるねんけど。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-18 12:10 | 本の覚書

b0105258_10343157.jpg


iPod nano (PRODUCT) RED Special

これは買ってしまいそう。。。



ただでさえ欲しかったものに。

めちゃ惹かれるタイプの赤色が追加されて。


なんか大義名分を付けてもらえて。

------
iPod nano (PRODUCT) RED Special Editionを
お買い上げいただくと、アップルは購入金額の一部を
「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付します。
------

購入を躊躇ってた背中を、トンと押されてしもた感じ。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-16 08:48 | 気になるもの
動物園の鳥
坂木 司 / 東京創元社
ISBN : 4488457037
スコア選択: ※※※※



青空の卵』『仔羊の巣』に続く

ひきこもり探偵とその友人のお話第三弾で、完結編。

読み終わらすのがもったいなくて。



この文庫本には、おまけとして、

『青空の…』からの料理のいくつかの簡単なレシピと、

お土産の問合せ先リストが付いてる。


本の目次には載ってないのに、一番最後に(あとがきより後に)

「シークレット…」って、章があるみたい。


最後まで読んでへんから、 どんなんかわからへんし。

たぶんエピローグなんやとおもうねんけど。


好きなシリーズやっただけに、

もったいなくて一気には、読めない。


------

もったいないとは思いながらも、

一気に読んでしもた。

終わってしもた。


『青空の卵』の最後にある解説を読んでしもてたから、

話がどうなるかもわかっててんけど。

まぁ、ちょっと読んだらだいたい先がわかるねんけど。


ほんま好き嫌いのめちゃ分かれる本やとはおもう。


たぶんストレート過ぎるんやろなぁ。とおもう。言葉が。


でも、好きな本やねぇ。


外伝でも、キャラがスピンアウトして出来た話でもええから、

このシリーズに関する本を書いて欲しいとおもう。


是非、読んでみたい。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-15 12:37 | 本の覚書

『交渉人 真下正義』

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
/ ポニーキャニオン
ISBN : B000B5M7T6
スコア選択:



テレビで観ててんけど、やっぱりおもろい。

『踊る大捜査線』のシリーズはええよなぁ。

来週、金曜日(10/20)に『逃亡者 木島…』

土曜日(10/21)に『容疑者 室井…』

絶対、観てしまう……というか、かなり楽しみ。



<踊るレジェンドスペシャルプロジェクト>
[PR]
by so_little_time | 2006-10-13 23:52 | 映画とかDVDとか
快楽の都―グイン・サーガ 110
栗本 薫 / 早川書房
ISBN : 4150308632
スコア選択:




110巻。

すんごいなぁ。


しばらくは休憩の巻が続くんやろねぇ。


ドタバタの話の展開ではなくて、結構気楽に読んでるし。
[PR]
by so_little_time | 2006-10-12 08:05 | 本の覚書