本の覚書と映画の感想、ほかその時に気になることを書いてます。写真も。携帯からのアップのみになってますが。。


by so_little_time
カレンダー

<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

現役の万年筆たち

b0105258_21462749.jpg


覚書に近いです。


鞄の中、机の上にある万年筆たちを集めて。


もらったり、あげてしまったりする事もおおくて、

減ったり増えたりするので、

現状、使ってる万年筆を覚えておこうかと思って。

特に、使用インクはすぐに忘れてまうので。



左から、
・ペリカノジュニア……ペリカン ブルー(コンバータ)
・LAMY BLUESTAR(M)……LAMY ブルー(コンバータ)
・#3776ギャザード(太)……プラチナ ブルーブラック(カートリッジ)
・CUSTOM845(BB)……パイロット ブラック(コンバータ)
・デュオフォールド インターナショナル(M)……パーカー ブラック(コンバータ)
・パイロット エリート(EF)……Dr.ヤンセン ゲーテ(コンバータ)
・ペリカンM450(M)……ペリカン ブルーブラック
・ペリカンM1000(3B)……ペリカン ロイヤルブルー
[PR]
by so_little_time | 2006-09-30 21:47 | ステーショナリー

卒業文集……

b0105258_12574718.jpg


引越の片付けは、まだ続いてて。

学生の頃の卒業文集を見つけた。

気になるのは、写真の左上。

………
結婚したい年齢・子供の数


独身主義・2人
………

俺、有言実行型やってんやなぁ…と。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-28 20:57 | 日々その時のこと
約束の冬〈上〉
宮本 輝 / 文藝春秋
ISBN : 4167348209
スコア選択:



なんとなく久しぶりに、

宮本輝さんの未読本を読む気がしてて。


ようやく文庫になったのを見つけて。




やっぱりええなぁ……と思ってます。



まだ上巻の少ししか読んでないのに、

「これは当りや!」って予感がひしひしと感じますわ。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-27 12:44 | 本の覚書
貝がらと海の音
庄野 潤三 / 新潮社
ISBN : 4101139032
スコア選択: ※※※※※



再読。


なんでかわからへんけど。ええ本。

ほんまに穏やかな気持ちになれる本。


おじいさん(著者?)の日常生活をただ淡々と書き綴ってる。

ただそれだけやのに、安心するし、なぜかにこやかになってしまう。

事件も、人生の荒波にもまれる姿も、それに立ち向かうお話も何もなく。


なんでこの本が好きなんかわからへんけど。

やっぱり何度も読みたくなる本。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-26 18:10 | 本の覚書

詰め込んだ本棚の一部

b0105258_17342097.jpg



詰め込んだ本棚の一部。


宮本輝さんで2段分くらい。

恩田陸さんは、1段の半分くらい。

あとおんなじくらいの量がツレんちにあるはずで。


司馬遼太郎さんの本たちは、およそ2段分。

吉川英二シリーズも1段分ほど。


古典とか名作をズラッと2段分横並びにしてみると。

#夏目漱石や、川端康成、ヘミングウェイに並んで、ロバード・ゴダード……



こうやってみると、なかなかに。

本たちが、居心地良さそうにしてるように見えるねんけどねぇ。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-25 18:39 | 日々その時のこと

引越し途中の本棚


b0105258_1332073.jpg


引越し。


整理前の本棚。


ここにようけ本を詰め込むと、

ええ感じの居場所になる予定。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-24 19:30 | 日々その時のこと

来年の手帳。。。

b0105258_17582887.jpg



梅田ロフトで買い物。

来年の手帳決定。


ここ数年は、お決まりの二品。

クオバディスのビジネスプレステージと、ほぼ日

両方ともリフィルのみ。



どっちともお気に入りの革カバーがあるから……

クオバディスはTRIMのコードバン。

ほぼ日は2年前のヌメ革カバー。

どうしても今年のほぼ日はポケットが気になってまいそうやし。



おまけ…

オートのニードルペン。

ほんま久しぶりの油性ボールペン。


オートってメーカーは、

ほんま機能もよくて、

作りこみもしっかりしてて、

書き味最高なペンを作りはるのに

どうもデザインがいややってんなぁ。


せやけど。今回のんは、思いきったええ感じ。

アメリカンテイストってシリーズ(?)

500円でやりよるなぁ…

相当、満足。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-23 23:56 | ステーショナリー

気になる本。。。


宮本輝さんの本って、

なんかのふとした拍子に読みたいなぁ……って、なるねん。



せやから、ちょいちょい読み返したりすんねんけど。

何て題名か覚えてない。



昔の日記を読み返してみて、

気になりだした。



小説の最後んとこが、

女の人が船に乗ってる男に向かって、手を振ってて、

そのお尻を蹴りあげようとしてる男の人が尻餅ついてる

って、シーンで終わるねんけど。。。


……わかりにくいよなぁ。。。



……あれが、読みたい。。。




「またあの映画が観たいなぁ……」ってのと、似てるんかも知れへん。




文章は、全然記憶にないねんけど、

そのシーンが映像になって、頭に残ってんねん。



そんな風に頭の中で、読んでる文章が絵になって映像として流れるねん。

……他の人は違うんやろか?



……っていうか、それより、これって何て本やったやろ???






……ちょっと思い出してきた。。。

・この男の人と女の人は、以前不倫関係にあった。

・男の人の奥さんが亡くなってる。

・理由は忘れたけど、ヨーロッパに旅行に行く。

・女の人の彼氏は、事故かなにかで、重傷か寝たきりになってしもて。別れた。



……あと覚えてるシーン。。。

・ホテルのテラス?で、雨(嵐)の中、裸で両手を広げて女の人が立ってる。

・同じ場所から男の人が、見下ろしてる石の階段に別の若い女の人が座ってる。

・海の向こうの山(丘)に2つの灯りが見えて、蛇の目(ちょっとちがう?)に見える。

・障害のある子ども(若者?)が、バスに乗って仕事に行く(帰ってきたとこを)見守ってる。




……こんだけ思い出しても、本の題名は思い出されへん。。。(_ _;)



『ドナウ……』やないし。

『葡萄と……』でもないねん。



やっぱり未だに思い出せへん。。。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-22 13:04 | 本の覚書
永遠の出口
森 絵都 / 集英社
ISBN : 4087460118
スコア選択:




まだ読みかけ。

忘れんうちに書いといて。

あとから、感想を追加する…っと。


---


読み終わり。

良かったぁ。


長編というよりも、

一人の(たぶん)普通の女の子の

小学校から、高校卒業までのお話やねんけど、

ひとつひとつの話が短編として出来上がってて。


小学校のお話は、それとして短編として完成してて。

中学校の話も同じ。高校生の話もそう。


その話がまとまって。

実は、成長していってるって感じられる。

……なんとなく説明がへんやけど。


年代が自分と同じくらいなんやろなぁと思える。

その人が過去を振り返って、結構その頃とすれば普通にある出来事や

悩みを持って過ごしてて。

今思えば……って、いろいろと自分自身の事を思い出してしまうようなお話。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-21 12:32 | 本の覚書
これだけは知っておきたい「知」を高める仕事術
清水 武治 / 生活情報センター
ISBN : 4861261872
スコア選択:




今朝は、5時半に目が覚めて。


飲んだ次の日って、起きられないか、

やけに早起きになるか極端やねん。


朝から一冊読んでみた。


仕事術といえばそうやねんけど。

文具の事が好きやから、

そっちの目線で読んだ気がする。


……「よし」とします。
[PR]
by so_little_time | 2006-09-20 12:30 | 本の覚書